交通広告・OOH活用のコツ

交通広告(電車・駅構内・OOHなど)は、日常の移動や通勤、旅行など、人々の生活に密接に関わるメディアです。
そのため、様々なシーンやタイミングで、効果的にイベントや新店舗の告知、ブランドや商品などをアピールすることを得意として、toCの生活者向けの認知の拡大や、toBの企業向けにやインナー対策など様々な目的で活用されます。

しかし、交通広告には、他のメディアとは異なる特徴や制約もあります。
それらを理解し、交通広告の強みを最大限に活かすには、どうすればいいでしょうか?
「交通広告利用のコツ」では、特徴のご紹介に加え、成功事例や注意点など、交通広告の活用法を詳しく紹介しています。

デジタル化が進む現在、貴重な「リアル」の接点

流通する情報量が増え、パーソナルなデジタルツールによる情報接触・収集が主流になっている時代。
だからこそ今、「リアルに触れる広告」が提供する情報価値は高まっており、媒体としての存在意義が再認識され始めています。

公共性・信頼性

・社会性のあるパブリックな媒体特性 ・街の風景をつくる媒体として意匠審査や条例など厳しい基準をクリア

高い受容性

・反復接触による認知(蓄積・浸透) ・限定された場所だけでの接触のため嫌われない(煩わしくない)

共有性

・多くの人が同じ広告を一緒に見る ・その共有が「世の中で流行っているもの」として認識される

偶発性

・興味ある情報にしか触れない現代において、ユーザーとの貴重な接点 ・偶然に出会う/予想外の発見

テーマ別 特集~Special Feature~

圧倒的インパクト!話題を拡散する3D屋外広告

こんなお悩みは、ありませんか?

シンボルとなるアイコンやキャラクターにふさわしいプロモーションに悩みがある
デジタル領域の仕掛けによりSNS上で話題化させることに限界を感じている

3D屋外広告は広告接触者に驚きを与え、思わず写真を撮り、SNSに投稿する行動を促すという、他のメディアでは難しい広告接触体験を提供し、プロモーションを広げることができるのが特長です。3D広告が立体的に見えるのは、錯視を利用しているからです。錯視とは、目の錯覚のことで、トリックアートなども錯視を利用して作られています。3D広告を放映するビジョンは、湾曲したLEDディスプレイを活用することで、錯覚が起きやすいように設計しています。平面LEDディスプレイであっても、奥行きを演出することで、画面の端を錯覚させる技法も用いられています。

体験させる広告=ピールオフ広告で 強い印象と話題づくりを!

こんなお悩みは、ありませんか?

実際に商品を体験してもらいたい商品のサンプリングが広告にならないか
インパクトのある広告でバズらせたい

ピールオフ広告とは?
ピールオフ(peel off)とは「剥がす」意味であり、ポスターや壁にノベルティや商品のサンプルなどの貼り付けてあるものを、?通行人が剥がして持ち帰ることができる、交通広告の体験型プロモーション広告です。

企業名を知ってほしい、憶えてもらいたい リクルート活動に有効な交通広告のコツ

こんなお悩みは、ありませんか?

リクルート専門サイト以外の打ち手に悩みがある・・・
専門分野を学ぶ学生や研究·専門職の社会人へのアプローチ方法

リクルート活動では専門サイトへの出稿は当たり前の時代ですが、活動者にとって身近な企業以外を知る機会は限られます。そうした時代で、新しい情報との接点を生み出すプロモーションを実現できるのが交通広告です。

交通広告で新しい驚きを!ジャックプロモーションの今

こんなお悩みは、ありませんか?

“インパクトのある広告でバズらせたい”
“実際に商品を体験してもらいたい”

自分の興味のある情報にしか触れない時代に、新しい接点を生み出す。リアル体験の場をつくるプロモーションをお手伝いします。

「アクセス数が頭打ち…」「そもそも知られていない…」 デジタル広告だけでは何かが足りない?

こんなお悩みは、ありませんか?

“もっと多くの人に知ってもらいたい​”
“でも、テレビCMは金額が高いって聞く・・・”

デジタル空間では、自分の興味ある情報にしかふれない時代。新しい情報との接点を生み出すプロモーションの実現をお手伝いします

弊社のご紹介

株式会社オリコム

約100年前に交通広告を事業化
偏りのない独立資本のサービス提供が可能です

独立資本

交通広告専業ではなく、電鉄系などのグループにも属さない独立資本のため、縛りがなく、ニュートラルな立場からのご提案が可能です。

全国網羅

交通広告自体が地域性のある媒体のため、取扱会社もエリアに紐づいた企業が多い中、オリコムは5大都市に支社を持ち、複雑な全国展開も可能です。

交通広告活用に関するお問い合わせ

様々な目的に応じた事例の資料でご説明いたします。些細なことでもお気軽にお問い合わせください。