デジタルデバイド(情報格差)の解消に向けて『デジタルわかる化研究所』を新設 | 2021年度 | ニュースリリース | ニュース | 株式会社オリコム ORICOM CO.,LTD.
  1. ホーム
  2. ニュース
  3. ニュースリリース
  4. 2020年度
  5. デジタルデバイド(情報格差)の解消に向けて『デジタルわかる化研究所』を新設

ニュースリリース

デジタルデバイド(情報格差)の解消に向けて『デジタルわかる化研究所』を新設

2021年(令和3年)3月18日

報道関係者各位
株式会社オリコム
代表取締役社長 大塚 尚司
 

デジタルデバイド(情報格差)の解消に向けて『デジタルわかる化研究所』を新設


株式会社オリコム(本社:東京都港区 代表取締役社長:大塚 尚司、資本金1億6,500万円)は、生活者起点の課題設定型ビジネススタイルを実践する活動の一つとして、DX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する現代における「デジタルデバイド(情報格差)」問題に着目し、「デジタルわかる化研究所」を新設しました。
 

■「デジタルわかる化研究所」設立の背景

コロナ禍による大きな環境変化もあり、行政・自治体・企業などのDXが更に加速していることによって世の中のデジタル化が急激に進んでいます。そのような中でデジタル化の波に乗り切れず取り残されてしまう人々との間で「デジタルデバイド(情報格差)」という問題が発生しています。それは近い将来、間違いなく深刻な社会問題に発展すると考え、この度「デジタルわかる化研究所」を設立しました。
 

■「デジタルわかる化研究所(略称、デジわか 」について

「デジタルわかる化研究所」は、コロナ禍を経てさらにDXが進む現代において、デジタルデバイド(情報格差)という問題に着目し、その格差のない未来のDXの姿“Beyond DX”を目指し、「実態の研究・情報発信・事業創造」を行っていく研究所です。当研究所は高齢者だけを対象とするのではなく、様々な要因からデジタルが社会との障壁にな ってしまっている人、デジタル化に心理的抵抗をもつ人など、すべての「デジタル若葉さん(※注)」とデジタル社会との関係を良くしていくことを目指していきます。



※注)当研究所では「情報弱者」とされてしまっている人を、これからの可能性を秘めた人として「デジタル若葉さん」と呼んでいます。また、ロゴマークにはデジタル若葉さんの「わからないことがわかった!」という歓びの気持ちを込めています。

■主な活動内容
・デジタルデバイドに関するに実態研究・調査
・デジタルデバイドに関する情報発信
・デジタルデバイド領域における事業創造

詳しい内容に関しては、下記公式サイト等にて公開します。

デジタルわかる化研究所公式サイトURL:https://digiwaka.jp
デジタルわかる化研究所公式FacebookURL:https://www.facebook.com/digiwaka
デジタルわかる化研究所公式Twitter @digiwakaken / URL:https://twitter.com/digiwakaken

【本件に関する問い合わせ先】
デジタルわかる化研究所:digiwaka@oricom.co.jp
※ご質問及びお問い合わせに関しては、メールにてお願い致します。

PDFはこちら PDF

※本リリースに関するお問い合わせは、下記までお願い致します。

株式会社オリコム 経営企画局
茅原、井口 TEL:03-6733-2021

PDFの閲覧にはAdobe Reader新しいウィンドウで開きますが必要です。