株式会社オリコム ORICOM CO.,LTD.

2018 交通広告活用セミナー 新たな価値と効果を生む ―進化する交通広告のミライを読み解く―

9/11(火)参加費無料

「広告効果の最大化」⇨「売上の最大化」
生活者の購入導線にもっとも近いメディアとして再注目される
交通広告の「最新事例」と「効果的な活用方法」を徹底紹介します。
情報過多時代の「いま」、世の中に発信される情報の大部分は生活者の目に触れることなく消えていきます。
そんな中、生活者との日常的な接点となり得る交通広告は、継続的な広告接触に
よって購買時に自社製品のマインドシェアを高める効果が期待されています。
今回のセミナーでは、より効果的に生活者の購買意欲を促す「体験型交通広告」の最新事例や、
ID-POSデータ(消費者購買情報)を活用した「広告効果検証スキーム」「改善策の立案方法」など、
交通広告のパイオニアであるオリコム独自のノウハウを余すことなくご紹介。
特にドラックストアやスーパーマーケットで取り扱われている商品をお持ちの企業様は、
今後の実務にお役立ていただける内容と自負しておりますので、この機会にぜひご来場ください。

2018 交通広告活用セミナー

2018年9月11日(火) 15:00~17:10 (14:30~受付開始)
第1部
テレビ・インターネットに次ぐ第三のメディア「OOHメディアの最新トレンド」
第1部 15:00~16:10
「日本の広告費2017」によると、OOH広告(交通広告+屋外広告)が、初めてマスコミ四媒体の一つ「新聞広告」を抜き、3番目に大きなメディアになりました。
OOHメディアの活用方法は、広告主のニーズに合わせて変化しており、テレビCMやWEB広告と連動させることで、移動する生活者を捉える「リアル&デジタル」施策が主流になってきています。
昨今、急増している写真投稿型ハッシュタグキャンペーンもその一つ。そんな「リアル&デジタル」施策における効果的表現やOOHメディアの最新トレンドを、月刊『宣伝会議』の筆者が事例を中心に解説いたします。

〈 講師 〉
(一社)デジタルサイネージコンソーシアム 理事
オリコム OOHメディア局 シニアディレクター

吉田 勝広

※月刊『宣伝会議』にてOOH記事連載中

吉田勝広
第2部
ID-POSデータで読み解く交通広告の効果
第2部 16:20~17:10
消費者のリアルな購買行動を可視化するID-POSデータ「True Data」(※)を活用することで、交通広告が「ターゲットに対してどのように商品の購買に寄与したか」を、実際に掲出された事例の分析結果をもとに解説。
さらに、交通広告のパイオニアとして、交通広告の価値向上のため、効果検証手法の開発に長年取り組んできたオリコム独自の交通広告の効果測定手法もご紹介いたします。
※「True Data」とは株式会社True Dataが保有する、全国約6,000店舗/5,000万人のドラッグストア、スーパーマーケットでの消費者購買情報をもとにした、日本最大規模のID-POSデータです。

〈 講師 〉
株式会社True Data
データマーケティング部 次長

船越 万史 氏

株式会社オリコム
戦略営業部 担当部長

松木 陽介

会 場
東京国際フォーラム
G405会議室
住所:東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
■ 参加費無料
ご来場いただいた方には広告の現場で使える「2018年度版サーキュレーション資料*」を差し上げます。

*鉄道の各線各駅の乗降人員、主要バスの輸送人員など全国規模で調査した年刊データ。
交通・OOHのマーケティング資料における業界スタンダードとして評価されております。(非売品)

定員になり次第、締め切らせていただきます。
お早めに右のフォームよりお申込ください。
・JR有楽町駅 より徒歩1分
・東京メトロ 有楽町線 有楽町駅 とB1F コンコースにて連絡
※ご記入いただいた個人情報は、株式会社オリコムが適切に管理し、参加受付など当セミナー運営のために用います。
また、同意のもと関連セミナー等のご案内をさせていただく場合がございますが、他の目的では使用いたしません。
※今回のセミナーは、広告主様向けの内容となっているため、お申込された方が、同業者の方、学生の方の場合、参加をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了解ください。









セミナーは終了いたしました。
ありがとうございました。