1. ホーム
  2. 会社情報
  3. 沿革

沿革

1922年
(大正11年)
斎藤岩次郎が北隆館社内に折込広告部を開設し創業する。
1928年
(昭和3年)
国鉄(現:JR)の有料広告第一号を扱い、交通広告を事業化する。
1936年
(昭和11年)
地下鉄沿線百貨店のサービス誌「メトロ時代」を創刊する。
1943年
(昭和18年)
≪宣伝科学研究所(宣研)≫を設立する。
1945年
(昭和20年)
戦後第1回宝くじ売出しの広告宣伝を扱う。
1946年
(昭和21年)
リーダーズ・ダイジェスト社の依頼で、車内ポスターの広告効果を測定する。
1952年
(昭和27年)
「広告美術」を創刊する。
1956年
(昭和31年)
第1回「秀作車内ポスター展」を主催。1986年まで継続開催し、
現在は「交通広告グランプリ(JR東日本企画)」へと引継がれている。
1957年
(昭和32年)
ラジオ番組「赤胴鈴之助」を企画制作する。
1959年
(昭和34年)
テレビ番組「まぼろし探偵」を企画制作する。
1960年
(昭和35年)
「交通・屋外広告サーキュレーション資料」を創刊する。
1963年
(昭和38年)
社名を≪オリコミ≫に改称する。
1973年
(昭和48年)
≪オリコミサービス≫および≪オリコミ開発≫を設立する。

東京本社、大阪、名古屋、福岡、札幌の4支社体制を確立する。
1978年
(昭和53年)
国鉄(現:JR)とステッカー広告を協同開発する。

米国テッドベイツ社と業務提携を行う(1996年まで)。
1980年
(昭和55年)
≪アドメール≫および≪サンライト≫を設立する。
1981年
(昭和56年)
分散した本社機能を統合し、本社を銀座から日本橋に移転する。≪アドール≫を設立する。
1982年
(昭和57年)
銀座オリコミビルの改築を行う。
1984年
(昭和59年)
「アドパック」を秋葉原駅で実施する。
1985年
(昭和60年)
オリコミ横浜センターが完成する。
1989年
(平成元年)
国立競技場で開催された「ワールドカップマスターズサッカー」を企画運営する。
1990年
(平成2年)
クリエイティブ局の一部を分離独立させ、さらに≪アドール≫を吸収合併して≪オリコミクリエイティブ(後のクリエイティブオリコム)≫を設立する。
1993年
(平成5年)
創業70周年を契機に新たにCIを設定し、社名を≪オリコム≫に改称。
基本理念を「株式会社オリコムは、コミュニケーション・ビジネスのクオリティカンパニーを目指します。」とする。
1995年
(平成7年)
本社を港区六本木に移転し、全社営業力の強化、企画開発機能の充実を図る。
2000年
(平成12年)
コミュニケーション・ビジネス領域の拡大、交通リーダー戦略、エリアプロモーション戦略を積極的に展開する。
2002年
(平成14年)
米国ザ・リチャーズ・グループ(ダラス)と提携し、アカウントプランニング手法を導入する。
2003年
(平成15年)
本社を汐留シティセンターに移転し、新たなビジネスモデルの構築による経営革新を目指す。
2005年
(平成17年)
本社及び支社においてISMS(情報セキュリティマネジメントシステム)認証を取得する。

北京駐在事務所を設立する。
2006年
(平成18年)
統合型マーケティング・コミュニケーション(IMC)をベースとしたアカウントプランニング(AP)手法の確立を目指す。

デジタル領域の売上高が10憶円を超える。
2007年
(平成19年)
「第9回世界華商大会」を企画運営する。

本社及び支社においてISO27001認証を取得する。
2008年
(平成20年)
グループ会社の≪オリコミサービス≫がオリコミ銀座ビルに移転する。
2009年
(平成21年)
本社を新橋センタープレイスに移転し、オリコムグループの経営合理化を促進し、機能の結集を進める。

グループ会社の≪宣研≫および≪オリコミ開発≫を合併する。
グループ会社の≪オリコミサービス≫が≪アドメール≫および≪サンライト≫を合併する。
≪北京奥瑞可恩広告有限公司(後の奥端可恩(北京)広告有限公司)≫を設立する。
2012年
(平成24年)
銀座6丁目再開発によるオリコミ銀座ビルの解体工事が始まる。
2014年
(平成26年)
創業100周年に向け、新たな第1次経営計画(全3次計画)がスタートする。
2016年
(平成28年)
企画部門の連携を促進し、クリエイティブ機能の向上を図るためにグループ会社≪クリエイティブオリコム≫を合併する。

第2次経営計画がスタートする。
2017年
(平成29年)
オリコミ銀座ビルの跡地に、オリコムグループが地権者として共有床を保有する銀座地区最大のビル「GINZA SIX」がオープンする。