1. ホーム
  2. 交通広告
  3. デジタルサイネージ

デジタルサイネージ

いま最も注目を集めているデジタル交通広告媒体。電子看板ともいわれる。車両と駅に設置。購買地点に近い場所でTVCMなど動画コンテンツを見せることが出来る媒体。時間帯によってコンテンツを変えることができるものもある。

車両用デジタルサイネージ

電車のドア上部に位置する液晶モニターでの映像媒体。W画面の左側が広告面、右側が次の停車駅などを表示する業務面となっており、誰もが気になり自然と目にします。しかも立ち止まって見る位置にあり、視認率も車両内ではNO.1となっています。
全路線に導入はされていませんが、年々拡大しています。車内映像広告という稀少性、1車両内全部のドア上で展開でき、数多くあること点などからも、媒体そのものの認知も高まっています。
販売方法としてはスポットCM型が多いですが、番組提供型もあります。(JR東日本例)
番組型の広告コンテンツは、講座形式やうんちく形式などあり、見られる為の工夫がされています。音声は出ませんが、テロップやふきだしなどでメッセージを伝えています。

掲出期間
1週間~

駅用デジタルサイネージ

駅構内にある液晶モニターでの映像広告です。新宿・渋谷・東京など主要駅に設置されています。
動画だけでなく、静止画を表示しているものもあります。
デジタルサイネージ全般が注目を集める中、期待の媒体です。

掲出期間
1週間~

オリコムの交通広告に関するお問い合わせ

株式会社オリコム
〒105-0004 東京都港区新橋1-11-7 新橋センタープレイス

TEL.03-6733-2340

FAX.03-6733-2538

お問い合わせ